Salesforceを営業日誌感覚で

実はマーケティングとは広義的な言葉で、かなり広くその意味は捉えられています。何をこれが意味するのかというと、「顧客満足度」を高めるという点に尽きます。

 

さて、魅力がどんなにある商品だとしても、それを知らない人は買うことはありません。ただ、フィリップ・コトラー氏の定義が一般的な意味での「マーケティング」という言葉を理解する上では、一等わかりやすいかもしれません。

 

それらの時間的、あるいは金銭的なコストをwebマーケティングは、大幅に短縮させるために生まれたマーケティングなのです。そして、より効果的に、より合理的にその点を突き詰めていくのが、いわゆる「マーケティング」と呼ばれるものです。

 

如何すれば顧客の満足度を高くできるのかを考えるのが、マーケティングということですね。以前は様々なアンケートを行ったり、ヒアリングを、そしてそれを集計して満足度等を調べていました。

 

まず、商品とその商品を売っている人あるいは店、会社、ブランドといったものをいかにして知ってもらうか、ということが非常に重要となってきます。マーケティングというのは、社会的、あるいは管理的なプロセスこそであるという考えですね。

 

マーケティングの定義と彼がしたのは、「個人、団体が生み出す製品や創造に対してのニーズ、ウォンツを満たすプロセス」です。インターネットを通じたwebマーケティングが近年では、従来のマーケティングの方法を抑え、主流になってきています。